いざという時に頼りに出来るかかりつけ医を探せるサイト

チューリップの品種【フラワーコラム】

19

チューリップと言えばオランダが有名ですが、それは生産地としてであり原産地はトルコです。

チューリップの品種は、登録されているだけで、5,000種くらいあります。

その中でも有名な品種があります。

それは、アンジェリケ、ラルゴ、乙女桜、オレンジレディーなどです。

それらの花の説明をします。

アンジェリケの特徴は、一本の花枝に数輪の花をつけることと、花持ちがいいことです。

ラルゴの特徴は、花弁の色が赤色で、八重咲きという特徴があります。

乙女桜の特徴は、葉は長卵形から楕円状卵系で根生します。

また、花の先端が特徴的で表面は細かい毛に覆われていて、裏面は白い粉を帯びています。

オレンジレディーは、品種「チャーミングレディー」の代替品種です。

また、白とピンクのツートン(異なる系統の二色)だったのが徐々にオレンジ色に変わる色変わり品種です。

これまでは、有名な品種を紹介しましたが、これからは、マイナーな品種について説明します。

私のお伝えしたい品種は、ホワイトトライアンポーター、キノツカサです。

ホワイトトライアンボーダーは名前の通り、つぼみが白く、咲き始めるとさらに白さが際立ちます。

次に、キノツカサです。

この日本で生まれた花です。

どこで生まれたかというと富山です。

このチューリップは、品種「イエロージャイアント」と品種「ウーサーマイナー」という花を交配させて作った品種です。

また、青いチューリップの品種を作ろうという研究がなされているようです。

それが、成功すれば新しい品種が誕生します。

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る